★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しつつ、たまにクラウドファンディングについても取り上げているブログです。

ソーシャルレンディングとは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて貸し手と借手を結びつけるサービスです。われわれ投資家は、ソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり、口座開設を行うことでソーシャルレンディング事業者へ投資を行い、ソーシャルレンディング事業者が借手へ融資を行うという形式が一般的です。

クラウドファンディングとは、資金需要者と資金の出し手を結びつける点ではソーシャルレンディングと同じですが、貸付ではなく「寄付」や「資金需要者が提供する何かを購入」する形式になっています。

本日17日はSBIソーシャルレンディングの配当日です。SBIソーシャルレンディングでは、毎月15日に配当が実行されますが、15日が土日祝日の場合には、翌営業日に配当が実行されます。

ちなみに詳細は省きますが、今月のSBIソーシャルレンディングからの配当金額は、総額5万4,921円でした。

さて、本日はちょっと視点を変えて、SBIソーシャルレンディングでの投資でリスクを最大限抑える方法はどうすれば良いのかについて考えてみたいと思います。

SBIソーシャルレンディングの投資商品のうえ、SBISLコーポラティブハウスローンファンド以外は、常時募集を行っていますが、募集期間ごとに借手が異なってきますので、どのファンドに投資をするかによって、担保や借手が異なってくることになります。

そのため、運用したい資金が100万円あったとして、よりリスクを抑えた投資を行いたい場合には複数のファンドにまたがって投資を行うほうが良いです。

例えば、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドでは、毎月1日~15日・16日~30日と2回に分けて募集を行っていますので、10万円ずつ5ヶ月にわたって投資をおこなうことで、リスクを分散することができます。

なお、借手が同一ではないのか?とお思いの方もいるかもしれませんが、担保となる第三者貸付債権が異なるため、リスク分散になります。詳しくは過去の記事をご参照ください。

また、100万円投資するのにそんなに時間がかかっては効率が悪いとお考えの方は、自分の取れるリスクの範囲内で一度に高額出資をするのもありだと思います。

6月13日頃に、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドへの出資金額が2,000万円増えたにもかかわらず、出資者人数は2人しか増えていなかったことから、高額出資を行う人は少なからずいるようですので。(よほど資金に余裕のある方なのでしょうが、2,000万円近く一度に出資できるのはすごすぎます。)

商品の特性をよく把握することで、自身のリスクを抑えることができる場合もあるため、皆さんも投資する際には商品の内容をよく理解することをオススメします。


★現在SBIソーシャルレンディングは「期間限定」で投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

特に、SBIソーシャルレンディングの販売する人気ナンバーワン商品である、SBISLコーポラティブハウスローンファンドの販売は不定期です。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドの募集告知がHPに掲載されてから慌てて投資家登録を急いで行ったとしても、手続きに漏れ等があって登録に時間がかかってしまえば、募集開始に間に合わなくなってしまう可能性もあります。

さっさと登録を済ませて、間違っても「間に合わなかった!」なんて後悔はしたくないものです。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドという商品への投資準備を整えておけて、しかも登録するだけで1,000円も「タダ!」でくれるなんて太っ腹です。

是非早めに登録してしまい、次のSBISLコーポラティブハウスローンファンドの販売を待ちましょう!

ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングを応援していきたいと思います!