SBIソーシャルレンディング 比較

ソーシャルレンディング全般とクラウドファンディングについて、調査と検証をおこなっていくブログです。



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

この商品の概要ですが、HPを確認するとおよそ下記のとおりとなっています。

 【融資先】コーポラティブハウスを建設する建設組合に属する個人
 【融資利率】6%~8%
 【手数料率】2%
 【運用期間】4ヶ月~2年
 【配当方法】毎月分配
 【保全方法】借手がコーポラティブハウスを建設する予定地への抵当権設定
 【リスク】以下を全て満たした場合。
      ・借手が返済しない場合
      ・地価が30%下落(目安)した場合
 【借手返済(回収)方法】コーポラティブハウス建設後に実行される住宅ローンによる返済

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

この商品は内容を簡単に理解できると思います。一言で言うと「2年以内に日本の地価が30%以上下落しない限り、元本が毀損する可能性が低い利回り4%の投資商品」で、かなり投資家に有利な商品になっているため、すぐに投資家登録を行って、次回案件を待ち構えることをオススメします!

それでは考察していきます。

■このファンドの仕組みについて

このファンドの仕組みは、投資家が出資した資金を使い、SBIソーシャルレンディングが借手に6%~6%の金利で貸付を行うものです。

借手は、借り入れにあたり、コーポラティブハウスを建設する予定地への抵当権設定を担保として提供します。

借手は、契約に基づき年利6%~8%の貸付利息の12分の1(6%÷12ヶ月、等)相当額を毎月SBIソーシャルレンディングに返済します。

SBIソーシャルレンディングは、借手から返済金を受領すると、年利2%12分の1(2%÷12ヶ月)のを手数料として差し引き、残りの4%~6%の12分の1が投資家に毎月配当として支払われます。

 

■このファンドのリスクについて

それでは、このファンドへ出資をする際のリスクは何があるのか考えてみます。

 ①借手が返済しない場合
 ②SBIソーシャルレンディングが倒産する場合
 ③担保の価値が貸付額を下回った場合

※ ここでは②への考察は割愛します。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

こちらのファンドは、これまで返済の実績もあり直近では1分程度で6,800万円が完売するなど、SBIソーシャルレンディングの商品ではかなり人気の高い商品になっています。ブログ主は、この商品は毎回狙っており、今現在も500万円程運用中です。


投資家が注目すべきポイントとして、はたして「本当に返済できる借手であるのか?」ということですが、それは以下の状況になった時であると考えられます。

 ※1 住宅の建設が頓挫した場合
 ※2 住宅ローンが実行されなかった場合

一般的に住宅の建設が頓挫するのは、施行会社が倒産した場合に発生するため、組合がどのように施行会社を選んでいるかという点が心配です。

実は知人がコーポラティブハウスに住んでおり話を聞いてみました。すると、知人が参加した組合では、施行会社の決定にあたり帝国データバンクの情報を取得して、一定以上の点数を獲得した施行会社を選んでいるとのことなので、一応の安心ができると思いました。(自宅を建設するので、施行会社の選び方に慎重になるのは当然ですが・・・。)

なお、現在の定国データバンクで取得したアーキネット社の情報は下記のとおりです。

アーキネットTDB

ちなみに定国データバンク等の情報はインターネットを使って個人でも1000円ちょっと払えば取得できます。

また、アーキネット社のHPを見ると、これまで80件以上の物件が問題なく建設されているそうです。

次に、住宅ローンが実行されなかった場合について考えてみますが、この商品の特徴として、借主であるコーポラティブハウスの組合参加の世帯が連帯債務を組んでいるという点が非常にリスクヘッジになっています。

つまり、万が一なんらかの事情により1人の住宅ローンが出なかったとしても、他の組合員が連帯債務者であるため連帯債務者でその不足金額を補わせればよいのです。

1人あたりの住宅ローンが5千万円だとすると、組合員が10世帯いれば1世帯あたり500万円です。人によっては無担保で銀行から借り入れできてしまう金額です。また、たかだか500万円のためにこれまで1年~2年かけて建設した、オーダーメードの自宅を居住間際に手放すことができるでしょうか?住宅ローンの実行時には子供の学校等の編入手続き等も行っていると思われますし、今更建設した自宅を手放すことは考えにくいです。

そのことから、この連帯債務という縛りはかなり強力に作用してきます。

よって、①のリスクはとても低いと考えられ、投資家からの人気が高いこともうなづけます。また、結局は担保の売却による返済も可能なため、借手が返済できないということは無いと思われます。

このことから考えるとSBIソーシャルレンディングのコーポラティブハウスローンファンドに絞って投資をすることは、非常に良いと考えられますので、是非投資家登録を行ったうえで次の案件が始まるのを待ち構えることをオススメします!

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しているブログです。

ソーシャルレンディングとは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて資金の出し手と借手を結びつけるサービスです。

われわれ投資家は、ソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり、口座開設を行うことで投資を行うことができるようになります。

ここのところ暑い日が続いていますね。室内では冷房を使い始めている場所も増え始めてきたので、温度差に注意して体調管理には注意したいと思います。

突然ですが、SBIソーシャルレンディングの投資商品の中でも一番人気の商品は何でしょうか?

ずばり「SBISLコーポラティブハウスローンファンド」です!

 ⇒ SBISLコーポラティブハウスローンファンドの商品概要はコチラ

SBISLコーポラティブハウスローンファンドとはSBIソーシャルレンディングが取り扱う投資商品で、われわれ投資家の資金の貸付先は、「コーポラティブハウス」を建設して実際に済む予定の人達です。

なぜ、このSBISLコーポラティブハウスローンファンドは人気があるのでしょうか?

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

その理由は以下であると考えています。

①担保がしっかりしている
②利回りが高い
③販売ごとに完売までの期間が短くなっている(直近はわずか1分程度で完売)

実際に1分程度で完売だなんて、なかなかすごい人気であると思います。
第二のSBI債になるのでしょうか?


さて今回は、そんな人気のあるSBISLコーポラティブハウスローンファンドについて、ちょっとした裏情報をお伝えします。

ズバリ今後のSBISLコーポラティブハウスローンファンドの担保となる土地は以下のいずれかです!

「武蔵小金井、洗足、用賀、吉祥寺、緑が丘、祐天寺、尾山台、大井町、小日向、等々力、新宿」

ほぼ世田谷周辺であり、そうでなくとも東京23区内ですね。

担保として土地を取ったとしても、流動性(売却時の買い手の付きやすさ)に問題はなさそうです。


さて、なぜブログ主はこのような予測を立てられたのでしょうか?


答えは簡単で、SBISLコーポラティブハウスローンファンドは、「担保の場所を特定することができるファンドである」ということです!


当然ながら場所が特定できれば売れそうな場所かどうかがわかるため、投資を行う際の重要な判断基準になると思います。SBISLコーポラティブハウスローンファンドへ投資を検討した投資家の方であれば、担保の流動性(売却時の買い手の付きやすさ)はとても気になるポイントであると思います。

では肝心の場所を特定する方法ですが、注目するポイントは「コーポラティブハウスローンファンドの借手」です。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドの借手は、アーキネットでコーポラティブハウスを建設する人に限定されています。そのため、アーキネット社のHPでコーポラティブハウスに応募していることとなります。

すると必然的に、アーキネットのHPから建設中のコーポラティブハウスを探せば、おおよその特定は可能となることが容易にわかると思います。

実際アーキネットのHPを見てもらえばわかりますが、現在建設を予定しているコーポラティブハウスは12件あり、上記で書いた場所と一致していることがわかると思います。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

このような場所であれば多少土地の形が悪くてもそれなりの価値はついていることでしょう。SBIソーシャルレンディングが自信を持って販売している理由がなんとなくわかります。さらに借手に連帯債務まで組ませるわけですから、かなりガチガチの融資契約です。住宅ローンで返済予定が確保されている点も魅力的ですね。

やはり、非常に投資家有利な商品だと思います。実際短時間での完売の理由に納得できます。ブログ主も毎回募集時にはパソコンに張り付いて購入を狙っています!次も是非買いたいですね。

さて、そんなSBIソーシャルレンディングの販売するSBISLコーポラティブハウスローンファンドの販売は不定期です。

また、SBISLコーポラティブハウスローンファンドの募集告知がHPに掲載されてから慌てて投資家登録を急いで行ったとしても、手続きに漏れ等があって登録に時間がかかってしまえば、募集開始に間に合わなくなってしまう可能性もあります。

さっさと登録を済ませて、間違っても「間に合わなかった!」なんて後悔はしたくないものです。

加えて、メールマガジンの配信を初回の登録時に希望しておけば、事前にSBISLコーポラティブハウスローンファンドの募集予定をメールで受け取れるため、投資家登録を事前に行っておいて定期的にチェックしておくことができるのでお勧めです。

現在SBIソーシャルレンディングは「期間限定」で投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドという商品への投資準備を整えておけて、しまも登録するだけで1,000円も「タダ!」でくれるなんて太っ腹です。

是非早めに登録してしまい、次のSBISLコーポラティブハウスローンファンドの販売を待ちましょう!


最後まで読んでいただきありがとうございます。


ブログ主は、SBISLコーポラティブハウスローンファンド10号の募集時期は7月であると予想しています。この口座開設キャンペーンは6月末まで実施しているので、次のコーポラティブハウスローンファンド募集への布石であると思います。

なお、ブログ主の勝手な予想であり、外れても責任は持てません(笑)しかし、そんなに悪くない予想だと思います。


ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングを応援していきたいと思います!

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しているブログです。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

※ ソーシャルレンディングとは新しい金融商品で、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて資金の出し手と借手を結びつけることで、投資家には新しい金融商品を提供しつつ借手には新たな資金調達の手段を与えるとう効果があります。投資家はソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり、口座開設を行うことで投資を行うことができるようになります。

本日ネットを見ていると、このような記事がありました。

監督官庁からの行政処分についての詳細の報告及び再発防止に向けた体制強化の知らせ

社債ウォッチや、その他のブログ、2chなどでも続々とこの行政処分について記事が掲載され始めています。

話題になっている「みんなで大家さん」ですが、その仕組みは「みんなで大家さん」のファンドが不動産を取得して他人に貸し出し、その家賃収入が運用益として配当される仕組みです。

正直この手の投資案件については、渡されるパンフレット等では「利回り7%!」等とうたっておりますが、実際は借りる人がいなければ家賃収入が入らなくなってしまうため、非常に危ういものであると考えていました。投資する際は、仕組みをしっかり理解してリスクを考えて投資をしないと、後で手痛いしっぺ返しをくらうことになります。

また、HPを見るかぎり、みんなで大家さんは高い利回りを得る代わりに、保全が非常に弱い印象を受けました。金融機関が融資契約を締結しているということは、当然ながら金融機関の1番抵当が設定されていることになり、出資者は優先出資と書いてあるものの、投資家は担保売却による回収を図る際には最悪元本が0になることもあります。

SBIソーシャルレンディングにも、似たような商品がありますがまったくの別物です。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドでは、基本的に1番抵当になっていますし、借手はその不動産に実際に住む予定の人であることに加え、住宅ローンでの出口が決まっております。

仮に住宅ローンの申請が降りなくても、各世帯が連帯債務となっているため全世帯で債務を弁済することができます。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

また、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドについても掛け目70%の抵当権に対する質権が設定されており、不動産価格が下落したとしても回収の余地はあることに加え、借手である貸金業者が返済しない場合でも、質権を設定している債権と、抵当権からの回収を行うことができるため、2重の保全がされています。

しかし、みんなで大家さんでは、テナントが入らなければ売り上げ自体がたたず、金融機関への融資契約の返済が成り立たなければ担保を売却されてしまう恐れがあり、非常に危険なニオイがします。

仮に金融機関への返済が滞れば、当然金融機関は担保を処分しますし、その担保処分方法は一般的に競売であることから、非常に安い価格での担保処分となってしまいます。

しかもみんなで大家さんの配当は賃料収入なので、その収入の基となる不動産を処分されてしまえば、ファンドは破綻してしまいます。

今回の行政処分で金融機関がどのように動くかが見ものです。

つまり、maneo社のファンドとほぼ一緒で、無担保に近い投資案件で投資家利回りがSBIソーシャルレンディングと2倍程度しか違わないことから、ちょっとリスクが高いかもしれません。

SBIソーシャルレンディングは、今のところ安定した仕組みを作っていますが、そういうことができるのも大手の強みであると思います。

みんなで大家さんが、「第二の安愚楽牧場」ひいては社会問題にらないことを祈ります。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

手数料が低いだけでなく、登録するだけで1,000円も「タダ!」でくれるなんて太っ腹です。是非登録しておき、自分の投資スタイルに合った商品を探しましょう。ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングを応援していきたいと思います!

このページのトップヘ