SBIソーシャルレンディング 比較

ソーシャルレンディング全般とクラウドファンディングについて、調査と検証をおこなっていくブログです。



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

ソーシャルレンデイングの商品分析①はコチラ。

記事一覧

② SBISL不動産担保ローン事業者ファンド(投資家利回り3%)

 この商品の概要ですが、HPを確認するとおよそ下記のとおりとなっています。

 【融資先】 東京都内で貸金業登録を行い、不動産を担保とした貸付事業を行っている法人
 【融資利率】 5.5%
 【手数料率】 2.5%
 【運用期間】 1年2ヶ月
 【配当方法】 毎月分配
 【保全方法】 借手の保有する、「①不動産担保貸付債権への質権設定」および、「①の貸付の担
         保不動産の抵当権への質権設定」
 【リスク】 以下を全て満たした場合
      ・借手企業が返済しない場合
      ・借手企業の貸付先が返済しない場合
      ・担保不動産が30%(目安)下落した場合
 【借手返済(回収)方法】 以下の方法です
      ・借手法人による返済(法人の貸付先の返済に関係ない)
      ・「借手法人の貸付先」からの返済金
      ・「借手法人の貸付先」が提供した担保不動産の売却代金による返済
 【ポイント】 借手法人は、担保不動産の評価額の70%以内での貸付事業を行っている。

このファンドは、初見では非常に理解しにくいです。ブログ主もかなり理解には苦労しました。
一言で言うと、「不動産を担保に貸付している貸金業者に利回り3%で投資してみる商品」です。

加えてSBIグループとは関係ない貸付先であるため、当初非常に怪しいと思いましたが理解してみればなかなかの仕組みで、保全が2重に図られている点も評価できました。

■ このファンドの仕組みについて

このファンドの仕組みは、投資家が出資した資金を使い、SBIソーシャルレンディングが「借手法人」に5.5%の金利で貸付を行うものです。HPの説明だとわかりにくいですが、簡単に概要を記載すると、出資金は以下のように移動することになります。

 ・投資家 ⇒ SBIソーシャルレンディング ⇒ 借手法人 ⇒ 第三債務者

返済の流れはその逆です。

 ・第三債務者or借手法人 ⇒ SBIソーシャルレンディング ⇒ 投資家

具体的に説明すると、「借手法人」は、「不動産を担保とした貸付事業」を行っており、SBIソーシャルレンディングからの借入金(出資金)を使って、「不動産を担保に借り入れを行いたい法人・個人事業主・個人(第三債務者)」へ貸付を実行します。

「借手法人」は、自身の貸付先である「第三債務者」への「貸付債権」と、「貸付時に第三債務者から徴収した担保不動産の抵当権」を担保として提供します。(担保に質権を設定しつつ、借手法人と第三債務者間の貸付契約に伴う契約書類一式をSBIソーシャルレンディングが受領して占有する)

「借手法人」は、契約に基づき年利5.5%の貸付利息の12分の1(5.5%÷12ヶ月)相当額を毎月SBIソーシャルレンディングに返済します。SBIソーシャルレンディングは、借手から返済金を受領すると、年利2.5%12分の1(2.5%÷12ヶ月)のを手数料として差し引き、残りの3%の12分の1が投資家に毎月配当として支払われます。

■ このファンドのリスクについて

それでは、このファンドへ出資をする際のリスクは何があるのか考えてみます。

  1. 借手法人が返済しない場合
  2. 「第三債務者」が返済しない場合(おそらく借手法人の返済原資の一部となるはずです)
  3. SBIソーシャルレンディングが倒産する場合
  4. 担保不動産価格が、貸付額を下回った場合

※ 3.は割愛

まず、投資家が注目すべきポイントとして、証券担保同様はたして「本当に返済できる借手であるのか?」ということですが、このファンドは担保を取得しているので「借手法人」だけに注目しても仕方が無いです。

というのも、結局のところ証券担保ローンファンドと同様に担保(債権の質権と抵当権の質権)があります。

また、借手法人の先に「現物の担保不動産を所有している第三債務者」が存在しています。

要は、「最終的にその「第三債務者」を含めた関係性の中から担保を使った回収がきちんと行えるのか」という仕組みがまずは大事になってきます。

  1. 「第三債務者」が返済できなくても、「担保不動産の抵当権の質権」によって「担保不動産」から回収できるのか?
  2. 「借手法人」が返済できなくても、「債権の質権」によって「第三債務者」から回収できるのか?
  3. 「借手法人」が返済できないかつ、「第三債務者」が返済できない場合、担保不動産から回収できるのか?

※ 「第三債務者」が返済できなくても、担保の売却により「借手法人」はいくらかの資金を回収し、自己資金と併せてSBIソーシャルレンディングに返済する場合があるため、残り1パターンは記載していません。

逆に言えば、この仕組みがしっかり働いていれば、実は「1.2.4.が同時発生した場合」しか元本毀損リスクは発生しないため、ⅰ.だけやⅱ.だけの場合には元本毀損が起こることはありません。

FAQを見る限り、第三債務者から、確定日付を取得した質権設定承諾書なるものを受領することと、抵当権へ質権を設定していますので、ⅰ.~ⅲ.は問題なく行えるようです。

また、借手法人の実態については詳細に公開されていないため、正直この会社が大丈夫なのかはさっぱりわかりませんが、担保不動産を取得していることに加え仕組みがきちんと確立されていることから、一応の安心はできます。

そのうえで、本ファンドは不動産価格の動向に左右される可能性が高いと考えられますが、不動産価格の下落ははっきり言って予測が難しいです。(不動産価格が下がるときは皆一斉に損をすると思います。)

そのため、不動産価格の下落をどうみるかによりますが、担保不動産の70%以下での貸付債権に限定していることから、利回り3%は妥当だと考えます。



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しているブログです。

ソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて資金の出し手と借手を結びつけるサービスです。

われわれ投資家は、ソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり、口座開設を行うことで投資を行うことができるようになります。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

では、われわれ投資家は投資を行うにあたってどのような手数料を支払う必要があるのでしょうか?

どのような投資でも同じですが、当然この手数料の金額が大きいか小さいかによってわれわれ投資家が利益を上げやすいかどうかが決まります。当然、手数料は投資にあたっての重要なポイントになってきます。

本日は、ソーシャルレンディングの手数料について解説してみます。

■ソーシャルレンディングの手数料

SBIソーシャルレンディングを例として手数料を見ていきたいと思います。

HPを見てみると、SBIソーシャルレンディングの手数料はファンドごとに異なるようです。

現在SBIソーシャルレンディングが募集を行っているファンドは3種類あり、それぞれの手数料は下記のとおりとなっています。

■商品ごとの手数料

 ・SBISL証券担保ローンファンド(1.5%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(2.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(2.5%)

そして、われわれ投資家の利回りは以下のとおりです。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

■投資家の利回り

 ・SBISL証券担保ローンファンド(2.0%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(4.0%~6.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(3.0%)

なお、この手数料は予定配当利回りから徴収されるわけではありません。仮にHP記載の手数料を投資家から取っていたら、かなり悪どい商売をしていることになります(笑)

それではSBIソーシャルレンディングはどのように利益を上げているかというと、借手への貸付金利とのスプレッドで利益を上げているようです。

例えば、HPの商品概要を見ると3つの商品はそれぞれ以下の金利で借手へ貸付しています。

■借手の借入金利

 ・SBISL証券担保ローンファンド(3.5%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(6.0%~8.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(5.5%)

投資家の利回りとSBIソーシャルレンディングの手数料を足すと、丁度借手への貸付金利と一致しますね。

SBIソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング事業者の中ではかなり低い手数料になっていると思います。また、担保を取って貸付を行っているため、マネオのような「代表者保証」や「手形」ではないため一応の安心感はあります。

なお、マネオは手数料無料とうたっていますが、SBIソーシャルレンディングと同様にスプレッドを手数料とすると、貸付先別の手数料はこのような感じになります。

■商品ごとの手数料(maneo社)

 ・UBIファイナンス(9.0%)
 ・UBI株式会社(9.0%)
 ・レイス治療院(1.0%)
 ・ウィンコーポレーション(5.0%)
 ・金馬車(不明。貸付金利を14.0%とすると8.0%?)

・・・。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

SBIソーシャルレンディングと比較するとかなり割高ですね。(マネオさんスプレッド抜きすぎ!)

ちなみに投資家の利回りは以下のとおりです。

■投資家の利回り(maneo社)

 ・UBIファイナンス(5.0%)
 ・UBI株式会社(5.0%)
 ・レイス治療院(5.0%)
 ・ウィンコーポレーション(5.0%)

 ・金馬車(6.0%)

無担保に近い投資案件で、投資家利回りがSBIソーシャルレンディングと2倍程度しか違わないのはちょっとリスクが高いかもしれません。

これまで貸し倒れが1回も出ていないとのことですが、その「初めての貸し倒れ」にヒットしてしまったら目も当てられませんね・・・。

投資を検討する際には、手数料だけでなく案件の内容も十分に理解してからにしたいですね。

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しているブログです。

ソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて資金の出し手と借手を結びつけるサービスです。

われわれ投資家は、ソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり、口座開設を行うことで投資を行うことができるようになります。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

では、われわれ投資家は投資を行うにあたってどのような手数料を支払う必要があるのでしょうか?

どのような投資でも同じですが、当然この手数料の金額が大きいか小さいかによってわれわれ投資家が利益を上げやすいかどうかが決まります。当然、手数料は投資にあたっての重要なポイントになってきます。

本日は、ソーシャルレンディングの手数料について解説してみます。

■ソーシャルレンディングの手数料

SBIソーシャルレンディングを例として手数料を見ていきたいと思います。

HPを見てみると、SBIソーシャルレンディングの手数料はファンドごとに異なるようです。

現在SBIソーシャルレンディングが募集を行っているファンドは3種類あり、それぞれの手数料は下記のとおりとなっています。

■商品ごとの手数料

 ・SBISL証券担保ローンファンド(1.5%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(2.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(2.5%)

そして、われわれ投資家の利回りは以下のとおりです。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

■投資家の利回り

 ・SBISL証券担保ローンファンド(2.0%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(4.0%~6.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(3.0%)

なお、この手数料は予定配当利回りから徴収されるわけではありません。仮にHP記載の手数料を投資家から取っていたら、かなり悪どい商売をしていることになります(笑)

それではSBIソーシャルレンディングはどのように利益を上げているかというと、借手への貸付金利とのスプレッドで利益を上げているようです。

例えば、HPの商品概要を見ると3つの商品はそれぞれ以下の金利で借手へ貸付しています。

■借手の借入金利

 ・SBISL証券担保ローンファンド(3.5%)
 ・SBISLコーポラティブハウスローンファンド(6.0%~8.0%)
 ・SBISL不動産担保事業者ローンファンド(5.5%)

投資家の利回りとSBIソーシャルレンディングの手数料を足すと、丁度借手への貸付金利と一致しますね。

SBIソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング事業者の中ではかなり低い手数料になっていると思います。また、担保を取って貸付を行っているため、マネオのような「代表者保証」や「手形」ではないため一応の安心感はあります。

なお、マネオは手数料無料とうたっていますが、SBIソーシャルレンディングと同様にスプレッドを手数料とすると、貸付先別の手数料はこのような感じになります。

■商品ごとの手数料(maneo社)

 ・UBIファイナンス(9.0%)
 ・UBI株式会社(9.0%)
 ・レイス治療院(1.0%)
 ・ウィンコーポレーション(5.0%)
 ・金馬車(不明。貸付金利を14.0%とすると8.0%?)

・・・。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

SBIソーシャルレンディングと比較するとかなり割高ですね。(マネオさんスプレッド抜きすぎ!)

ちなみに投資家の利回りは以下のとおりです。

■投資家の利回り(maneo社)

 ・UBIファイナンス(5.0%)
 ・UBI株式会社(5.0%)
 ・レイス治療院(5.0%)
 ・ウィンコーポレーション(5.0%)

 ・金馬車(6.0%)

無担保に近い投資案件で、投資家利回りがSBIソーシャルレンディングと2倍程度しか違わないのはちょっとリスクが高いかもしれません。

これまで貸し倒れが1回も出ていないとのことですが、その「初めての貸し倒れ」にヒットしてしまったら目も当てられませんね・・・。

投資を検討する際には、手数料だけでなく案件の内容も十分に理解してからにしたいですね。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

手数料が低いだけでなく、登録するだけで1,000円も「タダ!」でくれるなんて太っ腹です。

是非登録しておき、自分の投資スタイルに合った商品を探しましょう。

ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングを応援していきたいと思います!

是非登録しておき、自分の投資スタイルに合った商品を探しましょう。

ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングを応援していきたいと思います!



★ 応援してくれると、嬉しいです♪
      ▼           ▼
 

皆さんこんにちは、このブログは「ソーシャルレンディングについて興味がある人・ソーシャルレンディングをこれから始めてみようかと考えている人」へ、ソーシャルレンディングについて解説しているブログです。

ソーシャルレンディングとは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットを通じて資金の出し手と借手を結びつけるサービスです。

われわれ投資家は、ソーシャルレンディング事業者へ投資家として登録したり口座開設を行うことで投資を行うことができるようになります。

6月5日、金融庁が昨日「クラウドファンディング」について議論を開始したようです。

アメリカでは2012年に法整備が整っており、多くのベンチャー企業が活用していることもありますが、世界的な市場規模は1,500億円とも言われております。

日本のクラウドファンディングの法整備も、形だけで実用価値の無い法律にならず、多くの企業が利用できる実用的な仕組みになり、クラウドファンディングも、ソーシャルレンディングももっと活性化して一般的な商品になっていくことに期待しています。


さて、本日はSBIソーシャルレンディングの運用状況についてです。

過去に商品紹介を行ったこともあるSBISL不動産担保ローン事業者ファンドですが、残高が4億円に届きそうです。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンド

ばらつきは多少ありますが、1ヶ月に2ファンドづつ募集をしており、直近2ヶ月では月に7,000万円、販売開始からの平均では毎月4,500万円づつ残高が増加しているようで、毎月150名~200名の人が新たに投資をしているようです。

SBISL不動産担保ローンファンド運用実績20130606

配当も「毎月」順調に行われております。

4億円の残高の3%が投資家に配当されるので、単純計算で毎月100万円程が投資家の財布に入っているわけですね。

私は合計約500万円程SBISL不動産担保ローン事業者ファンドに出資しておりますが、毎月の配当金額は約9,000円あります。(税金が引かれた手取り)

そして、この配当金を私は毎月15日の配当日に、すぐに同じ商品に再投資するようにしています。再投資の場合には振り込み手数料等がかからずに投資を行えます。

そうすることで、今は珍しい「複利運用」に近い状況を作り出しているのです。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドは毎月配当型の商品であるため、毎月配当金を受け取ることができるのですが、常時募集を行っている商品であるため、配当を受けてすぐに再投資すれば、再投資した資金からも配当を受けることができます。

ご参考までに複利計算で10年運用した場合を計算してみると、かなりの差がつくことがわかります。

★現在SBIソーシャルレンディングは投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています★

5,000,000円を年利3%で複利運用すると10年後に6,719,582円、約1.34倍になります。
単利では 6,500,000円となり、その差は 219,582円です。


 単利の場合複利の場合差額
0 年後5,000,0005,000,0000
1 年後5,150,0005,150,0000
2 年後5,300,0005,304,5004,500
3 年後5,450,0005,463,63513,635
4 年後5,600,0005,627,54427,544
5 年後5,750,0005,796,37046,370
6 年後5,900,0005,970,26170,261
7 年後6,050,0006,149,36999,369
8 年後6,200,0006,333,850133,850
9 年後6,350,0006,523,866173,866
10 年後6,500,0006,719,582219,582

もちろん、再投資を行っていくなかで不定期販売のSBISLコーポラティブハウスローンファンドの募集があれば、そちらに回します。

より高い利回りの商品で運用したほうが効果が高いからです。

また、SBISLコーポラティブハウスローンファンドだけを狙って資金を寝かせておくことは非効率的です。

それなら、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドへ出資をしておいて、毎月配当を受け取ったほうが良いでしょう。

皆さんも自分の大切な資金を無駄にしないように運用していきましょう。もちろん、「取れるリスクの範囲内」で行うことは大前提です!


現在SBIソーシャルレンディングは「期間限定」で投資家登録するだけで1,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

SBISLコーポラティブハウスローンファンドという商品への投資準備を整えておけて、しかも登録するだけで1,000円も「タダ!」でくれるなんて太っ腹です。

是非早めに登録してしまい、次のSBISLコーポラティブハウスローンファンドの販売を待ちましょう!


ブログ主は今後も、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングを応援していきたいと思います!

このページのトップヘ